貸出機材

貸出機材の利用

 市民活動団体の活動に使用するために、プロジェクターやスクリーンなど、「貸出機材」を利用することができます(有料)。
 なお、利用できるのは、当センターにおいて、市民活動団体の登録を受けた団体(=登録団体)に限ります。

貸出機材の利用(可能)期間

 7日間(最長)

貸出機材の使用料

機材名 3時間ごとの使用料 1泊2日の使用料
データプロジェクター 410円 3,280円
オーバヘッドプロジェクター
(OHP)[※1]
410円 3,280円
移動式スクリーン 150円 1,220円
ビデオ一体型DVDプレーヤー
[※2][※3]
410円 3,280円
ブルーレイディスクプレーヤー
[※2][※3]
410円 3,280円
ワイヤレスマイク装置
[※4][※5]
100円 820円
ショルダーメガホン 100円 820円
展示パネル(長辺165cm×短辺80cm)
[※6]
100円 820円

※1 オーバーヘッドプロジェクター(OHP)は、オーバーヘッドカメラとデータプロジェクターのセットです。
※2 テレビを含みます。
※3 当センター内での利用に限ります。
※4 マイク2本2チャンネル、マイクスタンド(三脚・卓上の2種類)1台付きです。
※5 コンセント式(100V)です。なお、単一乾電池(8個)による利用も可能です(利用する団体にてご用意ください。)。
※6 多目的展示コーナー用です。

使用料の計算に関する補足事項

□使用料は、貸出から返却までを1回の利用として計算します。
□利用時間(午前9時から午後9時30分まで)内で貸し出す場合で、1回の利用が12時間を超える場合には、12時間の利用として計算します。

貸出機材の利用申請期間

 利用しようとする日(=利用[開始]日)の属する月の3月前の月に属する日で市長が定める日(=1日)から利用日までの期間

 例) 10月中に利用をしたい場合
    ・利用日の属する月=10月
    ・利用日の属する月の3月前の月=7月
    ・市長が定める日=(当該月の)1日
    ⇒よって「利用日の属する月=10月」における利用申請期間の開始日は「7月1日」になります。

貸出機材の利用申請

以下の書類により、当センターに申請してください。

□「貸出機材利用・利用変更許可申請書」(規則様式第9号)
□「市民活動団体登録カード」(規則様式第3号)
□申請書を提出する者が、申請者(申請団体)の代表者又は登録簿に登録された担当者であることを確認できる運転免許証、旅券(パスポート)、その他市長が別に定める証明書
 ※その他市長が別に定める証明書は、健康保険被保険者証、国民年金手帳、住民基本台帳カード(顔写真なし含む)、個人番号カード、身体障害者手帳などがあります。

貸出機材の破損等

 貸出機材の利用により破損等が生じた場合は、機材の返却時に、窓口にてお申し出ください。状況によっては、修繕や買換の実費をご負担いただく場合がございますので、利用する際には十分注意していただくとともに、あらかじめご承知おきください。

貸出機材の実物例

データプロジェクターオーバーヘッドプロジェクター
データプロジェクター

オーバーヘッドプロジェクター

移動式スクリーンビデオ一体型DVDプレイヤー
移動式スクリーン

ビデオ一体型DVDプレイヤー

ブルーレイディスクプレーヤーワイヤレスマイク装置
ブルーレイディスクプレーヤー

ワイヤレスマイク装置
ショルダーメガホン展示パネル
ショルダーメガホン

展示パネル
page top