団体ロッカー・メールボックスの利用

団体ロッカー・メールボックスの利用

 市民活動団体の活動に使用する資料や機材の保管等が行える「団体ロッカー」を利用することができます(有料)。
 また、団体宛ての郵便物の受領等が行える「メールボックス」を利用することができます(有料)。
 なお、利用できるのは、当センターにおいて、市民活動団体の登録を受けた団体(=登録団体)に限ります。

区分・使用料・数量

区分 サイズ
(幅×高さ×奥行)
使用料
(1月分/1個)
数量
団体ロッカー(大) 45cm×100cm×41cm 610円 70個
団体ロッカー(小) 45cm×50cm×41cm 300円 140個
メールボックス A4 100円 312個


利用(可能)期間

 利用を開始する日から当該年度の末日まで(最長⇒4月1日から翌年3月31日まで=1年)

利用申請期間

 利用日(=利用[開始]日)の属する月の1月前の月に属する日で市長が定める日(=1日)から利用日までの期間。
 例) 10月から利用をしたい場合
    ・利用日の属する月=10月
    ・利用日の属する月の1月前の月=9月
    ・市長が定める日=(当該月の)1日
     ⇒よって「利用日の属する月=10月」における利用申請期間の開始日は「9月1日」になります。

新年度当初(4月)からの利用希望に関する事前調整について

 団体ロッカー及びメールボックスの利用を希望する登録団体が多いことから、毎年2月から3月頃に、4月以降(翌年度分)の団体ロッカー及びメールボックスの事前調整を行っています。

利用申請に必要な書類等

 以下の書類により、当センターに申請してください。
□「団体ロッカー・メールボックス利用・利用変更許可申請書」(規則様式第8号)
□「市民活動団体登録カード」(規則様式第3号)

団体ロッカー・メールボックスの閉め方

 閉め方の間違いにより、次回使用時に開けられなくなることがあります。
 次の手順に従って、鍵を閉じてください。

 ①団体ロッカー・メールボックスの扉を閉じる。
 ②カギ番号(4ケタ)が正しい番号(暗証番号)であることを確認する。
 ③扉に付いている「ツマミ」を「開」から「閉」にする(「右」から「左」にする)。
 ④鍵番号(4ケタ)を回す(ロックする)。

※鍵番号の忘却等により開錠を希望する場合には、防犯上の観点等から、センター窓口にて所定の手続きが必要になります。鍵番号の忘却や設定ミスにはご注意ください。

団体ロッカー・メールボックスの実物例

団体ロッカーメールボックス
団体ロッカー
メールボックス
page top